長い歴史ある『阿護の浦』


古民家ゆうみはうすからすぐの「阿護の浦」は深くて広い入り江となっており、波は穏やかで静かな海です。

琉球王国時代には、唐との進貢貿易の中継港として大いに賑わったようです。

琉球と唐との交易に関する書物には「馬歯山安護の浦」と表記されているものが多く、船舶を暴風や台風から守ってくれる母の懐のような港で、安心して護ってくれるという意味があるそうです。

「古民家ゆうみはうす」の隣には、村指定文化財の「阿佐船頭殿の石垣」があります。船頭殿(せんどうろん)とは唐へ行く船の船長の事です。唐船には船頭、二番船頭、事務長と座間味出身者が多く乗っており、阿護の浦に滞在したそうです。「古民家ゆうみはうす」は事務長が住んでいた屋敷となります。阿佐地区は唐へ行く船頭達が住んでいた友好の願いがこもった何百年と歴史ある場所です。

美しい海と山に囲まれた阿護の浦にはどこまでも透き通る海が広がっておりサンゴ礁や熱帯魚も見ることができます。貝類も豊富で自然豊かな海が今も続いています。